さらばGmail

社長:Gmailをやめることにしました。

基盤:故郷のアニーローリー今君ーはどーこへー♪

開発:もちろん、UIのほうですよね。メールサーバ側はもう Gmail で固めましたよね。実績と現状から今後当面、最善のインフラだということで。

社長:もちろんです。インフラとしてのGmailは最高です。ですが、当社が採用するメール基盤の要件は以下。
(1)安定安心のメールサーバ
(2)リーズナブルな費用
(3)らくらく電子署名
(4)気持ちの良いUI
Gmail のブラウザUIは(2)以降に適合しないため、却下します。ただ今後も、緊急避難と保守のためには使用します。

基盤:つまりこういうことです。まず(2)費用。当社ドメインをGmailで使うために有償契約が必要なので、月1,360円のBusinessクラスとしました。独自ドメインが使えて、ドライブ1TB付きですから、十分にリーズナブルと言えます。これに伴い、現在使用している別ドメインのGドライブ100GB/250円/月は解約します。

基盤:ところがここで落とし穴があります。Gmailでデジタル署名する(3)には、Enterprise契約でないといけないんです(!)。ただメールに電子署名するためだけに、月1,740円支出するなどあり得ましょうか?

経理:あり得ません。なのでボツ。

社長:もともとGmailは電子署名に対して異様に消極的というか冷淡な感じです。これはもう私の憶測ですが、Googleって・・・

(妄想)

電子署名による認証が完全に普及すると、GoogleがメシのタネにしているメールのセキュリティとかSPAMフィルターとかの機能を無用にしてしまう可能性があるので、意図的にサポートしないでいるんじゃないかとすら思っちゃうわけです。

社長:致命的なのは、(4)あのウェブGmailのUIに金を払う気になるか?ということです。私は全くなりません。タダだから我慢して来たのです。改善が見込めるか?すでに10数年あれですし、Googleのフォームやサイトのとほほデザインしかも着実に劣化しているという状況を見ると、まあ期待しないほうが良いだろうと。

基盤:で、メールを読み書きするアプリですが。MacのMail、Thunderbird、Outlook、候補はこれだけですかね。

開発:・・・

開発:いっそ原点まで巻き戻して、Exchange + Outlook も再検討してみたらどうでしょう? look and feel 的には Gmail よりまともですよね。検索はタコだけど。Officeアプリは必須なので M 365 は契約済だし、リーズナブルな費用でOneDrive 1TB付きです。あれに Exchange の契約を足して独自ドメインを貼り付ければ。

社長:む・・・

基盤:それ、ありかも。

社長:・・・そうですね。検討しましょう。比較対象を持つ事は有益です。

基盤:当社の .com ドメインのほうでやってみます。あれ、Gmailでやるかどうか迷っていたところです。

社長:え?さすがに「当社.com」は取って無いですよ。おもしろそう。お、まだ取られて無いですね。速攻でポチっと。取れました(笑)

経理:・・・XSO曰「クレジットカード支払いの場合、即時完了となるためキャンセルできません。」。間違って .inc とかクリックしないで下さいね。くれぐれも。


2020-0601 SatoxITS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です